名古屋/錦/キャバ嬢卒業(ナイトワーク)から昼職に転職

キャバ嬢(ナイトワーカー)の給与水準は他の業界や職業とくらべても、とても高いと思います。

有名繁華街であれば時給5,000〜10,000円がつく店も珍しくないでしょう。

一般的にエリートビジネスパーソンと言われる大手有名企業の20~30代の年収・給与も、実は、時給換算すると、平均5,000~10,000円だったりするので、同等の給与水準ですし、ホステスであれば、お客さんから同伴で食事をご馳走になったり、プレゼントをもらう機会も多く、ドレスや美容への投資などはあるものの、本来生活でかかってくる費用も少ないでしょう。

それでも、そうした仕事を辞めて、他の業界に転職する人はどのような転職理由が多いのでしょうか。

以下の様な理由をよく伺います。


・お酒を飲む機会が多く、健康面を考えると長く続けられない
・お客様や店のスタッフとの人間関係ストレス
・男性との出会いが偏り、結婚を考えた出会いが得られない
・親や友人などに公に言い難い
・年齢が上がっていくとともに、若い女性に人気をとられてしまう

履歴書にキャバ嬢の経歴は書かないべき?

履歴書に、ホステスの経歴は書かない方が良いの?と思われる方も多いと思います。

正直、多くの会社にとっては敬遠されてしまうところはあると思います。

ですので、飲食店ホールスタッフ勤務などと隠そうとする方は多いようですね。

ただ、面接で突っ込まれた際に、バレてしまったり、逆に嘘であるためにあやふやな回答となってしまい心象が悪くなってしまうリスクも多いと思います。

であれば、最初から堂々と記載してしまうのも1つの手と思います。

ただ、そういった職業への理解がある会社や業界を選ばれる事が前提にはなります。

キャバ嬢から昼職への転職は可能なのか?

結論、正直、難易度は高いですが、可能です。


・営業・接客販売系職種
・給与・生活水準を下げる覚悟があるか
・昼夜逆転から、早起きして規則正しい生活に戻すことが可能か
・パソコンスキルを習得できるか
・営業スタイルを変化する覚悟があるか

まず住まいや生活水準を見直しそう

キャバクラ嬢のお仕事は、世の中的には非常に高給取りなのです。

普段お店にくる客層が、日本国内でも数%しか存在しないレベルのお金持ちばかりだったり、会社の経費で接待で来られる方が多いため、ついつい感覚が麻痺してしまっている人も多いかもしれませんが、そのような客層は日本でもほとんどいない一部の層なのでそれを当たり前と思うと逆に不幸になってしまいます。

現実的な、会社員の給与相場をしっかりと把握して、それを受け入れる覚悟、生活水準を一般的なものに戻す覚悟があるかが問われると思います。

20~30代前半で未経験で営業をする場合、カナリリアルな金額ですが、スタート時の年収は360~450万円程度になると思います。

その給与レンジで、生活できるようにあらかじめ考えておく必要性があります。
まずは住まいの見直しをおすすめします。

住まい見直しおすすめサイト

【賃貸住宅仲介業店舗数No.1】賃貸物件情報を検索するならアパマンショップ
全国の賃貸住宅[マンション・アパート・一戸建て]を多数掲載!
日本最大級の不動産ネットワークと豊富な条件検索からあなたにぴったりのお部屋探しをお手伝いします。

名古屋でシェアハウスをお探しならSHARE HOUSE180°へ。
名古屋市内に特徴的なハウスを保有し、ルームシェア としてシェアライフを応援しています。

【400万人以上が利用】引越し見積もりを比較して安く引っ越せる!
引越し業者の口コミ、料金相場、体験談などの情報が満載。引越しの手続き、荷造りのコツ、費用節約の秘訣など引越しに役立つコンテンツも充実。

就職/転職おすすめサイト

アネジョブはナイトワーク(キャバクラ、ガールズバー、クラブ、ラウンジなど)
経験者が一般企業(昼職)へ転職を行う求人マッチングサイトとなります。
自身の経歴を隠さず転職活動を行えることが最大の特長となり、前向きに今後のキャリアアップを目指し転職活動を行うことができます。